ニュース

ながはるの紙糸について

  原料と生産  フィリピンの山間部に自生しているアバカ(マニラ麻)を採取して原料として用いています。畑ではないので、自然に成長したアバカを必要な分だけ採取しています。採取された原料は台湾の工場で糸に加工して、ジーンズやシャツ、T-シャツ、クッション、家具の材料として世界に輸出しています。   大きな3つの特徴▼  ・軽量   まるで羽毛のように軽く、コットンの約1/3の軽さ。 ・速乾性 マニラ麻の多孔質で余分な水分を素早く蒸発させて、いつでもドライ。 ・生分解性 地球にやさしい天然繊維。土から生まれ、土で分解される環境にやさしい素材。    紙だけど強い 下図は、ながはるの紙糸で平織りした紙布の強度を表しています。 ※今回サンプルで約10オンスの紙布を使用しました。一般的にキャンパス地と呼ばれる厚みです。比較対象にしているのは衣料品として使える一般的な強度の目安です。   ・JIS L 1096 A法(ラベルドストリップ)   ・JIS L 1096 D法(ペンジュラム法)

手漉き紙の魅力

昔の人は、手漉き紙の完成品を試験することで、その製作者を言い当てることができたといいます。漉き方の激しい人や、紙肌の地合いの滑らかさを好む人、紙漉きには制作者の人柄が滲みでます。手漉きの魅力は、同じ作りがなく、かえってゆがみを感じる中に表現される芸術性を人々が求めているからと言えるかもしれません。 参考:「習字の科学」大澤一爽 法政大学出版局